魚に含まれている栄養素

DHAサプリメント、はじめました♪

DHAサプリメントサプリメントというものは種類豊富で専門の健康食品メーカーもたくさんありますよね。今回はDHAサプリメントを、私は一番におすすめしたいのでDHAについて調べてご報告し、その効果や良さを知ってもらいたいと思います。ここでなぜ「DHAサプリメント」なのか?って疑問になることでしょうが、取り上げた理由としてはいたって簡単で私が継続して飲み続けているからなんです。

私は1年くらい前から物忘れがひどくて、少しづつですが症状も悪くなっていったのです(認知症かとビビりましたね)。人の名前なんて一発で思い出すことは困難で。DHAは、ボケ防止に効果があるし、他にもいろんなサポート力があります。とにかく、DHAのその効果を知ってもらいたいのでご注目くださいね。

記憶力向上効果にDHA配合サプリ

記憶力向上効果「頭が良くなる」と言われているDHAは、脳の血液脳関門を通過することができるため、脳の中の海馬にたどり着きます。血液脳関門は脳に不要な物質が入ってこないようにしている部分ですが、そこを通過することができるということは脳にとっても欠かすことができない成分であるということができます。

DHAは特別な成分で脳の中にたくさん存在しています。人間の頭の中、脳内にたくさん供給されることによって脳の効率が上がるということなのです。同じように青魚を原料としているEPAは血液脳関門を超えることができません。

EPAとは?EPAを知って健康生活!

魚に含まれている栄養素DHAとEPAの両者を合わせて、血液がサラサラになります。
DHAは脳内を駆け回る栄養成分で、その効果があらゆる脳の活躍をサポートしています。じつは体の中でDHAはEPAによって生産されているのです。DHAが重宝されがちですが、EPAが支えていることもお忘れなく。どちらも体に良い影響を与えるのでできるだけ摂りたいものですね。

EPA・DHAのサプリメントを摂取することをオススメします。理由としては、サプリメントにすると酸素に触れることがないので劣化がしにくいことや、いつでもどこでも摂取できるといったメリットがあるからです。

魚料理でDHA・EPAを効率的に摂取する方法まとめと効能

魚料理忙しい人にとっては調理も楽ではありませんから、常に摂取することは容易ではありません。このような悩みで困った場合には、マグロや鮭などの缶詰を利用することがおすすめです。

味が最初から付いているために、特別な手間をかける必要がなく、誰でも利用しやすい食品です。鮭の中骨も入った缶詰には、大量のDHAとEPAが含まれるため、混ぜご飯の材料にすることもおすすめです。

加工の段階では、新鮮な状態で切り身にして、美味しさと栄養を損なわないように調理してから密閉しているため、DHAは缶の中に凝縮していると考えても大丈夫です。無駄なく栄養を摂取するためには、鯖缶は煮汁も含めて利用することが非常に重要です。煮汁の中に含まれる油にもDHAとEPAが含まれますから、料理では身の部分と一緒に使うと役立ちます。熱々のご飯に混ぜたり、卵とじにして柳川風の料理にすると、EPAも含めて余すことなく摂取できます。

EPA・DHAを含む食品には、ヘム鉄が含まれています。マグロなどの青魚をよく食べると、ヘム鉄のおかげで造血が促進して、健康的な血液が生産されることになるのです。さらには、ビタミンの一種の葉酸も含まれることから、ヘム鉄と協調して血液を作りながら、細胞分裂や成長促進の機能も発揮することになります。DHAとEPAが含まれる一方で、葉酸とヘム鉄が背後から支える形になっているのですから、魚をタンパク源にするのは賢い知恵だと言えます。

ダイエットならDHAEPAサプリ!痩せれば人生変わるかも
健康的にダイエットに挑戦をしたい時には、DHAやEPAなどの成分が配合されている商品を効果的に使い続けることがとてもおすすめです。

参考にしたDHA・EPAサプリ関連サイト